使い方次第

オール電化に乗り換える方の動機は様々ですが、便利で節約ができる以外にも環境にも考慮された製品であることを知りましょう。

購入動機

オール電化を導入した人達の声として多いのが、安全で光熱費が安く、災害のリスクが低い理由として購入している方が目立ちます。

このほかにも、掃除が楽であるためや、便利だからという声もあります。

オール電化をどうした人も同じような理由で導入されています。

一番多いのが、家事などの心配がなく安全なイメージがあるようです。

また、IHクッキングヒーターが単純に使いたい人や、掃除がらくになるなど、似ていますよね。

このようにオール電化のエコキュートやIHクッキングヒーターを導入する人は、安全で節約ができ、楽で便利なものを好んでいることが分かります。

お客さまにとっては、購入の動機となるものは安全で節約であるようです。

私自身も、太陽光発電やオール電化を購入したときも、同じような動機でした。

しかし、あるきっかけで安全で便利ということよりも、環境面で魅力をもっているのがオール電化だったことに気づかされました。

地球環境に貢献する製品なのですが、他のオール電化製品の中でも群をぬいて、地球温暖化に貢献しているのです。

その地球温暖化の根源となっているCO2の排出量を大幅にカットすることのできる給湯機なのですから。

従来の燃焼式給湯器と比べるCO2の排出は半分以下に削減できてしまいます。

デメリット

エコキュートは室外機と大きなタンクの2つからなります。

室外機はエアコンのものと、さほど変わらないのですが、これが相当大きいです。

大きめの冷蔵庫くらいと思って頂ければ想像しやすいとおもいますが、お湯をためておくためのものなので、高さが2メートルぐらいあり、奥行きが70センチ前後です。

お湯をためているので重さもかなりのものになり、マンションよりは一戸建ての方が適していると思います。

しかし、マンションでも利用できるようにコンパクトサイズの開発も進んでいますので、ご期待下さい。

Copyright (C) オール電化でエコキュート. All Rights Reserved.